~野球道ブログ IBEC USA~

ロサンゼルスで「野球道の魂」を旗印に、小さな侍球児たちが奮闘してます。

IBEC USA Summer Camp 8月

「暑さ寒さも彼岸まで」と、申しますが...
一体全体、この暑さはどうした事でしょう!

皆様、如何お過ごしでしょうか?

さて本日は6月30日から8月28日まで行われた、恒例のIBEC USA 夏季強化Campの後編8月Campの模様をお届け致します。
炎天下の中、今日も今日とてIBEC USA の選手たちは、毎日必死に走っております。

BR Ray

Rayくん真剣!

BR 季生

おら、おら~~っ!!

BR 玄生

走れぇ~っ!

BR 政寿

政寿くん、飛ぶ様に走っております。

BR 泰成

さすが俊足!泰成くん!速い速いっ!!

BR 謙

謙先生も走ります。

BR Luke洸史2

ほらほら、追い抜かれるゾぉ~っ!




他のスポーツも勿論ですが、野球の練習では走り込む事は、最も大切な練習のひとつです。

さて、お次は何でしょう?
あっ、外野守備の練習ですね!


Tyler 外野守備

Ray 外野守備

政寿 外野守備

謙 外野守備

謙先生は、この夏一日も休まずの皆勤賞です!

Luke 外野守備

一将 外野守備

MaC 外野守備

MaC!間に合うかっ?!



捕ったどぉ~~っ!!

お見事っ!!


さて、お次は?!
瑛寿くんの「必殺 舌出し投法!」



瑛寿 舌だし投法


実はこの“舌出し 投法”プロの投手に多いらしいですよ!
瑛寿くん、プロ入り確実か?!
将来楽しみな選手です。




さてさて、他の選手は?!と...


ややっ!!
黒レンジャー出現?!




Mac.jpg

いえいえ、ニューフェイスのMacArthurくんでした。
キャッチャーのプロテクターがさまになってますねぇ~!!



さてさてここいらで、今日もまたIBEC USAならではの、ユニークな練習を見たいものですが...
んんん???


玄生 あれ何やってんだ?


?????????

素手 Ray

素手 季生

演歌のコブシの練習ですか?

素手 謙

どこかで見た事ある様な...

政寿 へ へィへィ~♪

???????

五木ひろしのモノマネ

素手 泰成


♪へへィ へィ~♪
って、五木ひろしのモノマネではありません!!(汗っ)


素手 泰成&中桐

これはバッティング前に、ボールを素手で捕らえる練習をしているのです。


この練習の目的は何か?と申しますと...

★先ずはバッティング時に“Chin Up”つまりアゴが上がるのを防ぐ為です。

正しいバッティング時のアゴの動きは左肩から右肩に移行するのが正しいのですが、どうしても上がってしまいがちです。
それを防ぐ為に行います。


★次はバッティング時の掌の動きや向きを正しく修正する為です。

“ドア・スイング”を防ぐ為に、バットはインサイドからアウトサイドに振り抜きます。
この“ドア・スイング”をしてしまうと、おのずとスイング時の利き手の掌は、三塁方向(左打ちの場合は一塁方向)に向いてしまいます。
これでは力強いスイングは出来ません。

正しいスイングをした時、バットを握る利き手の掌はピッチャー方向に向いています。

“素手の利き手”でボールをキャッチすると、自然と利き手の掌はピッチャー方向に向き止ります。
この感覚を身体に覚えさせ、バッティング時に活かすのです。

こうする事によって、最短距離でボールを捕らえる事が出来、速いヘッドスピードを生み出す事が可能になります。
そして、大きくフォロースローを作る事が出来ると言う訳です。


IBEC USA のバッティング練習は、何段階にも分かれて行われます。
先ずTバッティングで身体をほぐし、Long Tで正しいバットの軌道や身体の使い方を覚えさせてから、本番のバッティング行うと言う様に、段階を踏んで細分化されているのです。



さて、本日は皆様に嬉しいお知らせが2つ御座いますよ。

先ず最初は...

我がIBEC USA の大山洸史くんが、M L B Urban Youth Academy主催の ALL Dodgers RBI games
U-18の部門に出場しました。

All JapanチームとAll Americaチームの国際交流試合でした。

そしてなんと洸史くんは、15歳ながらMVPに輝きました。


洸史 MVP 

こちらが賞品に贈られたバットです。

MVP バット

どんな時も、ひたむきに努力を続けたから、勝ち得た結果ですね!
洸史くん、本当におめでとう!!



さて、お次は?

皆様お馴染みの、我等の頼りになる兄貴!
森瀬泰成くんが、この度IBEC USA プレイヤー兼コーチに就任致しました。


泰成コーチ


彼は、バッティングの練習で上手く結果が出せない後輩にも、気長に付き合い、諦めない様励ましてくれます。

そして遂にその選手が会心のバッティングが出来た時、我が事の様に喜び、拍手でその選手を褒めてくれるのです。

褒められた選手は出来た喜びと自信の為、満面に笑みがこぼれます。

こうして後輩たちに“諦めない事”“出来た喜びを次のバネにする事”を押し付けではなく、自然に教えてくれます。

若いながら、なかなかどうして立派なコーチ振りです。

これ、大人のコーチでも難しい事だと思いますよ。
彼のピュアで優れた資質は、IBEC USAで既に如何なく発揮されております。




では最後に、ニューフェイス達の素敵な表情の数々を、IBEC USA 恒例の“バッティング横顔 イケメンバージョン”でお届け致しましょう!


Nico BB

Tyler BB

Mac BB

Chris BB2

Luke BB

空人

BB 拓豊


          8月のお誕生日!!     

拓豊 BD

BD Boy 拓豊


8月にお誕生日を迎えたのは拓豊(たくと)くんです!

Happy Birthday TAKUTO!!
この一年で素敵な事ばかりが起こると良いですね!

お誕生日


さっちゃん 吹き出し



如何でしたか?
IBEC USAのSummer Campは楽しさ満載でお送り致しました。


それでは皆様、次回は9月Camp編でお逢い致しましょう!!




下記の赤い拍手ボタンをクリック頂けますと励みになります!


~今年も色々ありました。IBEC USA 下半期総集編 8月Camp編~

7月Camp 編でもお伝え致しました様に、IBEC USAの練習メニューは、常に進化しております。
同じ苦しい練習でも、目先が変われば選手達の興味に変わり、楽しく取り組めるのです。

それでは8月の特徴的な練習メニューをご紹介致しましょう。


ボール股下回し

円陣を組んで踊っている訳ではありません。
これは、Ball Handing Equal Eight と言うトレーニングです。
サッカー選手はボールを見ずにリフティングが出来ます。
バスケットボール・プレイヤーも目視せずにドリブルが出来ますよね。
このトレーニングも同様に、ボールを目視せずに自在に操れる様、感覚を鍛える為のものなのです。

自分の股下を8の字を描きながら、ボールを潜らせて行きます。
この時に如何にボールを落とさず、スムーズに早くボールを操れるかを鍛錬します。

さて、もう一つのメニューは?と申しますと...


泰成 蒲鉾1

おや、ピッチング練習ですか?


泰成 蒲鉾2

基本をしっかり踏まえて...んん?

泰成 蒲鉾3

え゛え゛っ?! 
手に持っている物はいったい...?

紀文

皆さんいったい何をお持ちで?!




前回に引き続き、ここでも謙先生に解説をお願い致しましょう!
それでは謙先生、どうぞっ!


謙 蒲鉾板

謙先生:「どうも!謙です。それではご説明致しましょう。
彼が投げていた物はコレ!実は蒲鉾板なんですねぇ~!
驚きましたか?
別にIBEC USA はボールを買えないほど困っている訳ではありませんよ。(笑)
これにはちゃんと理由があるのです。
蒲鉾板はその性質上、正しいフォームで投げなければ真っ直ぐには飛びません。
即ち、ボールを自在にコントロールする為のフォームの修正に役立つのです。
どうです、ちゃんと利に適った練習方法でしょ?!」


紀文蒲鉾板UP

謙先生:「因みにウチでは紀文さん(セール時に買占め)のを使っております。何故だかこの板、具合が良いのです。食べて善し!投げて善し!紀文さんにはお世話になってます。ははは」



謙先生、またまた解かり易い解説、有難う御座いました。

皆様お解かりになりましたか?
IBEC USA の選手達が厳しい練習も何時もにこにこ出来るのは、こうした愉快な理由が在るからなのです。

それでは最後に、我がチームのハンサム・ボーイ達のイケてる横顔をご紹介してお別れです。
殆ど私の趣味に走っておりますが(苦笑)ボールに挑む彼らのキラキラと輝く眼差しをご堪能下さいませ!


大輝 B横顔

泰成 B横顔

洸史 B横顔

健史 B横顔

謙 B横顔

季生 B横顔

政寿 B横顔

玄生 B横顔

旺佑 B横顔

Ray B横顔

善郎 B横顔

一将 B横顔

瑛寿 B横顔


夏季強化Camp 最終日のお楽しみは、何と言っても毎年恒例「Pizza Party!!」



ピザパーティー

ピザパーティー2

手作りレモネードはたっぷりのフルーツ入り!
「ひと夏頑張ったね!お疲れ様!」と、中桐会長がサーブしてくれますよ!


レモネード





皆様、お楽しみ頂けたでしょうか?

次回は9月日曜&水曜練習編をお送り致します。



下記の赤い拍手ボタンをクリック頂けますと励みになります!


~今年も色々ありました。IBEC USA 下半期7月Camp編~

IBEC USA 恒例の「夏季集中強化Camp」が、今年は7月1日より始まりました。

通常の走攻守のスキルアップの為のトレーニングは勿論の事、この夏のCamp でも、幾つかのユニークなトレーニングを盛り込みました。

本日はその一部をご紹介致しましょう!


Copy of Forearm Hand Blaster1

あれ?この二人が持っている、見慣れぬ物は何でしょう?


一将 Tyler RE

実はこれ、“Forearm Hand Blaster for Wrist Grip Strengthener”という器具です。
通称“腕プルプル”と言います。(笑)
この何とも舌を噛みそうな長ったらしい名前の器具を使って、只今この二人はRoller Exerciseを行っているのです。

これはしなやかで強い手首を作る為の運動です。
そしてこれはバッティング上達(打ち分け等)の為に非常に有効なExerciseです。

先ず、ロープの先に付いた重りを手首の力を使って巻き揚げます。
巻き揚げ終えたら今度はそれを静かに滑らせて戻し、今度は反対(逆手で)巻き揚げます。
腕は肩と水平に、真っ直ぐ伸ばした状態で行わねばなりません。

一見シンプルで単純そうに見えるこの運動、実はとてもキツいのです。
何度か繰り返して行くうち、腕の疲労は限界に達して来るのです。
腕はフニャフニャ曲がり、苦しいので肩がどんどん揚がってきます。
酷い時には後姿が、まるで“たこ踊り”に見えるのです。(笑)
これが“腕プルプル”と呼ばれる所以です。

そして最後は皆、この顔になります。(爆)


Forearm Hand Blaster2




さて、もう一つユニークなトレーニングは...

泰成 FG2

泰成くんカッコいい!
んんん?でも何か違和感が...


季生 FG

季生くんも決まってるっ!
んんん?でもやっぱりどこか変?


洸史 QuikHands Trainer

あれれ?洸史くんもですかぁ~?
この正体はいったい...?



では謙先生、解説をお願い致します。

謙フライパングラブ

謙先生:「どうも!謙です。それではご説明致しましょう!これはQuick Hands Trainer 通称フライパン・グラブと呼ばれる物です。これはグローブに頼らず、正しい捕球と速やかな送球を身に付ける為の画期的な器具なのですっ!ご覧下さい。グラブの面が平らなのが解かりますね!速やかにボールが来る所まで先回りして動き、しっかり腰を落として捕球し、ちゃんと右手でフォローしなければ、とても捕球は出来ません!つまり、出鱈目な守備をしている限り、何時まで経っても捕球が出来ない代物なのです。」

謙先生、解かりやすいご説明、有難う御座いました。
そうです!一旦これで慣れてしまえば、グローブに戻った時には何だって軽々と出来てしまうのです。


ほら、この様に、


洸史 後ろ手キャッチ
後ろ手でキャ~ッチ!! 
おぉ~~っ!メジャーリーガーみたい!!


如何でしたか?
あれもこれも、お伝えしたい事は山ほどありますが、如何せん紙面?に限りがあります。
ごく一部ではありますが、IBEC USA 7月Campのユニークで特徴的な練習内容を紹介致しました。




さてさて7月のBirthday Boy は二人います。
先ずは元気一杯のRAY くんです!


Ray キャンドル

10歳とは思えない恵まれた体躯と才能!
けれども彼は、決して努力を惜しまぬ、人一倍ストイックな選手です!

Ray ケーキ
でもやっぱり笑顔はあどけないRAY くんでした!
HAPPY BIRTHDAY RAY!!



そしてもう一人は健史(けんじ)くんです。

健史BD 集合写真

健史 ケーキ

がっちりとした体格から生まれるスイングは、とても力強いのです!
HAPPY BIRTHDAY KENJI !!



それでは皆様、次回は8月編でお逢い致しましょう!


下記の赤い拍手ボタンをクリック頂けますと励みになります!



IBEC USA Summer Camp

暑い日が続いて居りますが、皆様如何お過ごしでしょうか?
6月より始まった「IBEC Summer Camp」も、いよいよ大詰めです。
選手達も元気一杯頑張っています。

1整列

IBEC USAのモットーは礼に始まり礼に終わります。
2お願いします!
「お願いしまぁ~す!」
 元気な声が響きます。

3グランドに礼!
「グランドに礼っ!!」
 今日一日お世話になるグランドにも敬意を表します。

4ランニング
お兄ちゃん組も、ちびっこ組も分け隔てなく、ランニングとウォーミングアップが待っています。


さて本日は、意外と知られていない、彼等の練習を陰で支える涙ぐましいスタッフの努力の一部を御紹介したいと思います。

5グランド
これが我々がお世話になっているグランドです。
日本に比べて、当地の事情は格段恵まれては居りますが...
良く御覧になるとお解かりでしょう?!
小石が一杯混じった、まるで砂場です。
このまま練習すると、選手達は必ず怪我をする事間違いありません!


そこで、この人登場!

7地ならし 中桐前面
御存知、IBEC USA代表の中桐コーチです。
8地ならし
皆さん!これはビーチではありませんよ!皆が使うグランドです!
こうして毎回毎回、練習の前に小石を拾い、地面を丁寧に平らにならして行くのです。

9地ならし 中桐後姿
広大なグランドを黙々と整備して行きます。隅から隅まで、全部を終えるのに、ゆうに一時間半は掛かるのです。
「子供達に安全で楽しくプレーして欲しい!」中桐コーチの熱い思いです。

10Before After
Before(右) After(左)歴然と差が出ます。
11水撒き
最後の仕上げに水を撒いて、地面を締め固めます。
12水撒き2
このホースかなりの長さなんですが、如何せんグランドは広いっ!水撒きも大仕事です(汗)

道具一式を毎回車に載せ、毎日エッチラオッチラ通います。
「今日も子供達が思いっきり楽しんでくれたら良いな!」って。


下記の赤い拍手のボタンをクリック頂けますと励みになります!

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

IBEC USA

Author:IBEC USA
ロサンゼルスで5歳~18歳の少年球児たちが「野球道」を旗印に掲げ奮闘しています。
「野球道」とは野球を学ぶ上で、単に技術の向上のみ ならず「人としての道」も同時に学んで行く事であります。
野球を通じて心身共にバランスのとれた、真にグローバルな人間形成を目指し、礼節を重んじ、規律を守り、感謝する心の大切さを学んで行く事です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ