~野球道ブログ IBEC USA~

ロサンゼルスで「野球道の魂」を旗印に、小さな侍球児たちが奮闘してます。

~今年も色々ありました! IBEC USA 下半期総集編 11月Camp~

11月には通常の日曜練習、水曜練習の他に、Veterans’ Day Camp Thanksgiving Holiday Campが行われました。
前回のブログでご紹介した、ピッチング・マシーン “Zooka” がCampでも大活躍でした。

IMG_1506.jpg

前回のブログにも書きましたが、このマシーン最大16球自動設定出来るのです。

Zooka2.jpg

バッターにとって、何時も必ず好きな球が来る訳ではありません。
特に対戦経験がないチームに、得てして苦手なタイプのピッチャーが居る事は、往々にして有る事です。



Zooka.jpg

そしてこの “Zooka” も実に「嫌~な球」を送り出してくれるのです。(苦笑)

最初は回り込んで入ってくる嫌な球に悪戦苦闘し、時には身体に当たって痛い思いをする事も...

それでも懸命に練習する事で、タイミングを合わせる事も出来る様になり、皆んな益々打撃練習が好きになって行きました。


Ray.jpg

Ray 一本味


見て下さい。この見事な一本足打法!
彼が10歳って、皆さん信じられますか?


善郎

善郎2’

活き活きとした良い表情ですね!

政寿

政寿2


カッコいい!野球道Tシャツも似合ってますね!


季生

季生2

ボールに立ち向かう、男らしい表情です!


元

元2


長身を活かしたフォーム!流石パワフルです。


それでは、我がIBEC USA 期待のU-10(10歳以下の部)の有望なキャッチャー陣をご紹介致しましょう!
一将 キャッチャー

玄生 キャッチャー


瑛寿 キャッチャー’

こんなに可愛いらしい彼らですが、しっかりチームの要となれる立派な“名司令塔”なのです。


それでは最後に、昔可愛かった(...かも知れない 爆)もう一人のキャッチャーをご紹介致します。


祥一 キャッチャー


何かこんなキャラ、ゲームや戦隊もので出て来そうですが...



祥一 キャッチャー2


はい、お察しの通り、中桐代表でした。♪ちゃんちゃん♪




11月のお誕生日は季生(きおと)くんです。(右下段 黒Tシャツ)

季生&玄生 BD

こんなに爽やかなイケメンくんですが...





季生&ケーキ

な、何でこんな事に...(絶句)

季生 ひげ

お茶目で楽しい季生くんでした!

HAPPY BIRTHDAY KIOTO!
楽しい一年になります様に!!




それでは次回はIBEC USA 冬季強化集中Camp 編でお逢い致しましょう!



下記の赤い拍手ボタンをクリック頂けますと励みになります!


~今年も色々ありました!IBEC USA 下半期総集編 9月&10月 Camp ~

二ヶ月にも及ぶ長いSummer Camp を終え、IBEC USA の練習は9月、10月は通常モードに戻りました。
日曜日はフィールド練習、そして水曜日は公園でのサーキット・トレーニングと、その後場所をバッティング・ケージに移しての打撃中心の打ち込み練習です。

サーキット・トレーニングとは如何なるものか?


サーキットトレーニング

彼らは今、サーキット・トレーニングを行っております。
これは内外野の身のこなしをコーンを使って練習するものです。
フライボールをキャッチする時や、グラウンダーを捕球する時の身体の反転や、瞬時の反応、及び敏捷性を上げる訓練を行っているのです。
そしてIBEC USA が大切にしているトレーニングがもう一つあります。
それは...


レジデンスバンド

これはレジデンス・バンド(チューブ)を使ってのインナー・マッスルのトレーニングです。

レジデンスバンド UP

これは内筋を鍛えると共に、関節を強化し故障を防ぐ役割を果たします。


そして何より画期的だったのはコレの投入だったのではないでしょうか?!


Zookaと中桐代表

いえ、このサングラスの男性(IBEC USA 中桐代表)の事ではありませんよ!
その横で光輝くこのマシーン!その名も“ZOOKA” ピッチング・マシーンです。
MAXスピード75Mil/h 、ファーストボールとチェンジアップは自動調整、最大16球セット出来る“スグレ物”なのです。


Zookaとコーチ陣

初お目見え当日、選手は勿論“興味津々”だったのですが、心なしか大人のコーチ陣の方が嬉しそうだったのは私の気のせいだったのでしょうか?(苦笑)


Zooka.jpg

打撃練習の多いIBEC USA ではありますが、このZOOKA の登場で、より多くの打ち込み練習が出来る様になりました。
頼もしい“助っ人登場”に、選手達のスキルも一段とアップしました。

こちらはみんな大好き“おやつタイム”の笑顔です。
楽しそうですね!


おやつタイム






9月お誕生日の選手は3人います。

先ずは善郎(ぜろ)くん!

善郎 

お母さんと一緒で楽しそう!

善郎 ケーキ

町娘のズラが可愛いですね!
今年はうんと足が速くなったんですよ!
HAPPY BIRTHDAY ZERO!


さてお次は何と9.11の真っ只中に生まれた謙くんです。

謙BD キャンドル

命の重さを感じるこの日に、生まれて来てくれて有難う!

謙 ケーキ

HAPPY BIRTHDAY KEN!!




さて9月最後の一人は、一番小さいのに頑張り屋さんの瑛寿(えいじゅ)くんです!

瑛寿BD 集合写真

最年少ながらもセンスの良さはお兄ちゃん選手達もを引けをとりません。


瑛寿 ケーキ

HAPPY BIRTHDAY SEIJU!!
また一年、君の成長が楽しみです!






怒涛のお誕生日特集!10月のお誕生日の選手は二人!
先ずは玄生(げんと)くん!
(左側 赤Tシャツ)

季生&玄生 BD

玄生&ケーキ

玄生くんは野球だけでなく空手も上手いんですよ!
将来が楽しみですね!

HAPPY BIRTHDAY GENTO!!

さてさて、10月二人目は政寿(せいじゅ)くんです!

政寿 キャンドル

文武両道とは彼の為にある言葉でしょうか。
そして礼儀正しい少年なのです。


政寿 BD

HAPPY BIRTHDAY SEIJU!!
ボールを追い駆ける君はカッコいいですよ!!




こうしてIBEC USA の選手達は、それぞれ皆の愛情を受けて祝福されるのです。
みんな幸せそうですね!

下記の赤い拍手ボタンをクリック頂けますと励みになります!

~今年も色々ありました。IBEC USA 下半期総集編 8月Camp編~

7月Camp 編でもお伝え致しました様に、IBEC USAの練習メニューは、常に進化しております。
同じ苦しい練習でも、目先が変われば選手達の興味に変わり、楽しく取り組めるのです。

それでは8月の特徴的な練習メニューをご紹介致しましょう。


ボール股下回し

円陣を組んで踊っている訳ではありません。
これは、Ball Handing Equal Eight と言うトレーニングです。
サッカー選手はボールを見ずにリフティングが出来ます。
バスケットボール・プレイヤーも目視せずにドリブルが出来ますよね。
このトレーニングも同様に、ボールを目視せずに自在に操れる様、感覚を鍛える為のものなのです。

自分の股下を8の字を描きながら、ボールを潜らせて行きます。
この時に如何にボールを落とさず、スムーズに早くボールを操れるかを鍛錬します。

さて、もう一つのメニューは?と申しますと...


泰成 蒲鉾1

おや、ピッチング練習ですか?


泰成 蒲鉾2

基本をしっかり踏まえて...んん?

泰成 蒲鉾3

え゛え゛っ?! 
手に持っている物はいったい...?

紀文

皆さんいったい何をお持ちで?!




前回に引き続き、ここでも謙先生に解説をお願い致しましょう!
それでは謙先生、どうぞっ!


謙 蒲鉾板

謙先生:「どうも!謙です。それではご説明致しましょう。
彼が投げていた物はコレ!実は蒲鉾板なんですねぇ~!
驚きましたか?
別にIBEC USA はボールを買えないほど困っている訳ではありませんよ。(笑)
これにはちゃんと理由があるのです。
蒲鉾板はその性質上、正しいフォームで投げなければ真っ直ぐには飛びません。
即ち、ボールを自在にコントロールする為のフォームの修正に役立つのです。
どうです、ちゃんと利に適った練習方法でしょ?!」


紀文蒲鉾板UP

謙先生:「因みにウチでは紀文さん(セール時に買占め)のを使っております。何故だかこの板、具合が良いのです。食べて善し!投げて善し!紀文さんにはお世話になってます。ははは」



謙先生、またまた解かり易い解説、有難う御座いました。

皆様お解かりになりましたか?
IBEC USA の選手達が厳しい練習も何時もにこにこ出来るのは、こうした愉快な理由が在るからなのです。

それでは最後に、我がチームのハンサム・ボーイ達のイケてる横顔をご紹介してお別れです。
殆ど私の趣味に走っておりますが(苦笑)ボールに挑む彼らのキラキラと輝く眼差しをご堪能下さいませ!


大輝 B横顔

泰成 B横顔

洸史 B横顔

健史 B横顔

謙 B横顔

季生 B横顔

政寿 B横顔

玄生 B横顔

旺佑 B横顔

Ray B横顔

善郎 B横顔

一将 B横顔

瑛寿 B横顔


夏季強化Camp 最終日のお楽しみは、何と言っても毎年恒例「Pizza Party!!」



ピザパーティー

ピザパーティー2

手作りレモネードはたっぷりのフルーツ入り!
「ひと夏頑張ったね!お疲れ様!」と、中桐会長がサーブしてくれますよ!


レモネード





皆様、お楽しみ頂けたでしょうか?

次回は9月日曜&水曜練習編をお送り致します。



下記の赤い拍手ボタンをクリック頂けますと励みになります!


~今年も色々ありました。IBEC USA 下半期7月Camp編~

IBEC USA 恒例の「夏季集中強化Camp」が、今年は7月1日より始まりました。

通常の走攻守のスキルアップの為のトレーニングは勿論の事、この夏のCamp でも、幾つかのユニークなトレーニングを盛り込みました。

本日はその一部をご紹介致しましょう!


Copy of Forearm Hand Blaster1

あれ?この二人が持っている、見慣れぬ物は何でしょう?


一将 Tyler RE

実はこれ、“Forearm Hand Blaster for Wrist Grip Strengthener”という器具です。
通称“腕プルプル”と言います。(笑)
この何とも舌を噛みそうな長ったらしい名前の器具を使って、只今この二人はRoller Exerciseを行っているのです。

これはしなやかで強い手首を作る為の運動です。
そしてこれはバッティング上達(打ち分け等)の為に非常に有効なExerciseです。

先ず、ロープの先に付いた重りを手首の力を使って巻き揚げます。
巻き揚げ終えたら今度はそれを静かに滑らせて戻し、今度は反対(逆手で)巻き揚げます。
腕は肩と水平に、真っ直ぐ伸ばした状態で行わねばなりません。

一見シンプルで単純そうに見えるこの運動、実はとてもキツいのです。
何度か繰り返して行くうち、腕の疲労は限界に達して来るのです。
腕はフニャフニャ曲がり、苦しいので肩がどんどん揚がってきます。
酷い時には後姿が、まるで“たこ踊り”に見えるのです。(笑)
これが“腕プルプル”と呼ばれる所以です。

そして最後は皆、この顔になります。(爆)


Forearm Hand Blaster2




さて、もう一つユニークなトレーニングは...

泰成 FG2

泰成くんカッコいい!
んんん?でも何か違和感が...


季生 FG

季生くんも決まってるっ!
んんん?でもやっぱりどこか変?


洸史 QuikHands Trainer

あれれ?洸史くんもですかぁ~?
この正体はいったい...?



では謙先生、解説をお願い致します。

謙フライパングラブ

謙先生:「どうも!謙です。それではご説明致しましょう!これはQuick Hands Trainer 通称フライパン・グラブと呼ばれる物です。これはグローブに頼らず、正しい捕球と速やかな送球を身に付ける為の画期的な器具なのですっ!ご覧下さい。グラブの面が平らなのが解かりますね!速やかにボールが来る所まで先回りして動き、しっかり腰を落として捕球し、ちゃんと右手でフォローしなければ、とても捕球は出来ません!つまり、出鱈目な守備をしている限り、何時まで経っても捕球が出来ない代物なのです。」

謙先生、解かりやすいご説明、有難う御座いました。
そうです!一旦これで慣れてしまえば、グローブに戻った時には何だって軽々と出来てしまうのです。


ほら、この様に、


洸史 後ろ手キャッチ
後ろ手でキャ~ッチ!! 
おぉ~~っ!メジャーリーガーみたい!!


如何でしたか?
あれもこれも、お伝えしたい事は山ほどありますが、如何せん紙面?に限りがあります。
ごく一部ではありますが、IBEC USA 7月Campのユニークで特徴的な練習内容を紹介致しました。




さてさて7月のBirthday Boy は二人います。
先ずは元気一杯のRAY くんです!


Ray キャンドル

10歳とは思えない恵まれた体躯と才能!
けれども彼は、決して努力を惜しまぬ、人一倍ストイックな選手です!

Ray ケーキ
でもやっぱり笑顔はあどけないRAY くんでした!
HAPPY BIRTHDAY RAY!!



そしてもう一人は健史(けんじ)くんです。

健史BD 集合写真

健史 ケーキ

がっちりとした体格から生まれるスイングは、とても力強いのです!
HAPPY BIRTHDAY KENJI !!



それでは皆様、次回は8月編でお逢い致しましょう!


下記の赤い拍手ボタンをクリック頂けますと励みになります!



~今年も色々ありました!IBEC USA 下半期総集編 7月~

パンフレット
去る7月13日、San FranciscoやSan Joseに程近いMountain View市CSMA(Community School of Music and Arts at Finn Center)に於いて「U.S. Japan Friendship Special Music Concert」が行われました。

お誘いを受けた私共は車を走らせ、応援に駆け付けました。

しかしながらこの時期は、恒例の「IBEC USA夏季強化Camp」に突入しており、代表の中桐が伺う事は儘なりません。

そこで名代として若き社長を送り込む事に致しました。

このコンサートは日米の自閉症の青少年が一堂に会し、それぞれが歌や楽器の得意な分野で、各々の個性を最大限に表現すると言う、素晴らしいコンサートでありました。

その日本からの演奏者の方々を率いて参加されたのが、もうIBEC USA では皆様お馴染みの、元第79代内閣総理大臣細川護煕夫人、細川佳代子さんでありました。
そして米国の奏者を束ねられたのが、細川佳代子さんの御親友であられ、CSMAの創設者でもあられる斉藤信子・クレアリーさんでした。


佳代子さん&信子さん

在サンフランシスコ日本国総領事の渡邉総領事御夫妻も御臨席のもと、蒼々たる招待客の方々が見守られる中、演奏者の方々は臆することなく、実に伸び伸びとパフォーマンスを披露して下さいました。


渡邉総領事15%

演者の方々15%

表彰15%
私共の信条として「おもねる」と言う行為は、決して善しとはしませんが、今回の日米の両主催者の御二方には、最大の敬意を表します。

何故ならば、名前だけを御貸しになって名誉会長などを名乗られる方が多い中、細川佳代子さんは自らが演者の方を率い寝食を共にされる、そんな方なのです。
必ず向き合う方と目線を同じくされるのです。

この素晴らしい方がIBEC USA を御支援下さる事は、本当に私共の誇りと言えましょう。

また、斉藤信子・クレアリーさんは御主人のクレアリー博士と共に、緑内障患者の方々に光を取り戻すべく、大々的に研究支援活動をされています。

後日談ではありますが、細川さんをはじめとする御一行の乗られるお帰りの飛行機が、何と五時間以上も遅れました。

ホテルをチェックアウトされた後故、戻る事も儘ならず、総勢30名ほどの方々が信子さんのお家(豪邸)になだれ込まれ、ランチをご馳走になられたそうです。

そのお宅がどれ位豪邸かと言えば、あの英国のプリンスが御泊りになられる位です。(驚愕)
そんな途轍もない方々ですが、本当に気さくで、自らが率先して動かれ、気配りの行き届いた方々です。

佳代子さん、信子さん、真臣 原寸

2015年の7月には細川佳代子さんが日本名誉会長を勤められるスペシャルオリンピックスの大会がロサンゼルスで行われます。
IBEC USA も何かお手伝いが出来ればと考えております。

さて次回は「IBEC USA夏季強化Camp」の様子をお伝え致します。


下記の赤い拍手ボタンをクリック頂けますと励みになります!








Season's Greetings

Seasons Greetings 改訂版 60



本年もIBEC USA を御支援賜りまして、誠に有難う存じました。

2014年は各々の選手が目を見張る成長を遂げ、大きな結果を出してくれた歳でありました。
私共はこれに甘んじる事なく、日々進化し続ける組織でありたいと思っております。

2015年も御支援御鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

新たなる歳に、輝かしき光が皆様方もとに降り注ぎます様に!!


下記の赤い拍手ボタンをクリック頂けますと励みになります!


 | HOME | 

Calendar

« | 2014-12 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

IBEC USA

Author:IBEC USA
ロサンゼルスで5歳~18歳の少年球児たちが「野球道」を旗印に掲げ奮闘しています。
「野球道」とは野球を学ぶ上で、単に技術の向上のみ ならず「人としての道」も同時に学んで行く事であります。
野球を通じて心身共にバランスのとれた、真にグローバルな人間形成を目指し、礼節を重んじ、規律を守り、感謝する心の大切さを学んで行く事です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ