~野球道ブログ IBEC USA~

ロサンゼルスで「野球道の魂」を旗印に、小さな侍球児たちが奮闘してます。

細川佳代子氏にお逢いし、メッセージを頂いて来ました。

細川様&中桐


去る12月5日(水) NYジャパン・ソサエティーに於いて、細川佳代子氏プロデュースの映画
~INCLUSION~(邦題 幸せの太鼓を響かせて)の上映会がありました。

INCLUSION.jpg

細川佳代子氏は皆様御存知、第79代 内閣総理大臣 細川護煕夫人であられます。
今回の上映会は、日本唯一の障害者に依るプロ和太鼓集団「瑞宝太鼓」の皆さんを題材にした、ドキュメンタリー映画の第4弾の海外初上映でした。
作品は障害者を扱った映画にありがちな同情を引く「御涙頂戴もの」ではなく、一個人としてむしろ尊敬の念すら覚える、ある意味赤裸々で、包み隠しのない正直な仕上がりの素晴らしい作品でした。
映画と言う性格上、あまりここで書きますとネタバレになりますので、御興味のお有りの方は、一度ネットで検索されては如何でしょうか?www.film-able.com E-mail info@film-able.com


上映会 改

映画は多くの方々が絶賛され、ジャパン・ソサエティー理事長 櫻井本篤氏や御友人の通訳のノブコ・サイトウさんとの掛け合いも軽やかで、和やかな雰囲気の中Q&Aのコーナーも設けられました。
これも細川氏の飾らない御人柄でしょうか、場内は終始笑いに包まれておりました。
お開き時間があっと言う間で名残惜しい程、楽しい催しとなりました。


上映会 2


さて、細川佳代子氏とIBEC USAとは、切っても切れない御縁があります。
今年四月に行われた「NY桜祭り100周年記念式典」のイベントの一つ、米国東西少年野球交流試合~EAST MEETS WEST~を御観覧頂き、始球式までして頂きました。
そしてこの度、細川氏よりIBEC USAに応援のメッセージを賜りました。
(HOMEの欄に動画でUPしております。チャーミングな始球式の模様と同時にお楽しみください!)
心から発せられた御言葉の数々は、我々に温もりと元気を与えて下さいました。
今回再びお目に掛かり、改めて痛感致しました事があります。
それは人当たりの良い気さくさの中に、凛とした気品を兼ね備えておられる事でした。
日本のファーストレディーは世界に胸を張って自慢できる、素晴らしい女性であられました。
細川佳代子氏には、IBEC USA一同、心より感謝を致しております。


下記の赤い拍手のボタンをクリック頂けますと励みになります!

Comments:

初めまして。

こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
このような団体からの訪問はほぼないので最初戸惑いましたが、子供たち対象の活動をなさっておられるようなので、独り合点かも知れませんが納得しました。
被災地の様子や原発などについてお知りになるための資料は、十分アップしてあると思いますので、宜しければ、今後ともどうぞご利用くださいませ。
そして被災地の子供たちのためになにか出きる事がありましたら、ぜひお手を差し伸べて下さいませ。
よろしくお願い致します。
Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

http://gogoibecusa.blog.fc2.com/tb.php/16-7e015879

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

IBEC USA

Author:IBEC USA
ロサンゼルスで5歳~18歳の少年球児たちが「野球道」を旗印に掲げ奮闘しています。
「野球道」とは野球を学ぶ上で、単に技術の向上のみ ならず「人としての道」も同時に学んで行く事であります。
野球を通じて心身共にバランスのとれた、真にグローバルな人間形成を目指し、礼節を重んじ、規律を守り、感謝する心の大切さを学んで行く事です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QR





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ